媚薬の罠に堕ちた美人秘書 稲本麗子ちゃん編・・本人からの投稿

3d46a548c170ba3731a532f1d4388608

レセプションパーティーの中、「色事師アリマ」に狙いをつけられた麗子は、液体媚薬のカクテルを飲まされてしまう。

8169add18e93b0f7c94cd8e7fbe321c5

「どうしたのかしら、私。ああ、目がまわってきて・・・・・。」

014cfe2668299a72d0f3addb9bbd26f3

おぼつかない足取りで廊下をあるく麗子。

373697687e8e7f29a5ccb937d90d8363

「ご気分いかがですか?お部屋へお連れしますよ」 麗子は一瞬ためらいながらも小さくうなずいた。

27aa892adfe54b2c6c39e694d9308108

暫くして効果が効きだすと、媚薬の心地よい痺れが麗子の身体を包みこむ。 (いけないわ、・・どうしたのかしら・・・)

b50ead066b46833375899de0fd2c0baf

自分の身体に注がれる粘つく視線に、美貌をまっかに染める麗子。 「セクシーだよ、麗子」

9111c2e18282d6e66f4d9f45422562b9

(いけない・・部屋をでないと・・・) おぼつかない足取りで立とうとする麗子だが!

e25aa24c777805a38f33ebe22d4a535e

媚薬のせいで身体にまるで力が入らないのだ。(ああっ、何なの、これは! なにか盛られたのかしら?….)

4e0dac4bf60c790af38e1d3bdeacacd8

「ふふふ。身体が火照ってたまらないだろう!」 「ああっ、私……あなたを、軽蔑しますわっ」

00e13544a5da5da204c4330e59e765cb

(あ、ああ、熱い….どうすればいいの……。) 目尻をほんのり朱くしながら、ねっとり潤んだ眼差しの麗子。

172833c9b177b3333d8537aa86e15a60

黒ストッキングの優美な太腿から、官能的な股間を興味深げに覗かれるのだ。 「あれれっ。もうこんなに濡らしてやがる。」 「う、嘘です、そんな」

b95c484fb65dc8beba29ac794ed04e7e

ストッキングの上からいきなり指で、熱く疼く股間を突かれ弓なりにのけぞる麗子。 「……い、いけません」

df17d499acb48769cdc53966986c01e0

「しゃぶるんだ麗子、舐めてみろ」 うろたえる麗子顔面に剛棒を押し付けた! 「….い、いやです。」「アウっ….ウムム」

4b1f6fdd29bdf853ca224009519ccfe4

麗子は悩ましい鼻声をもらしながら、次第に情熱的になっていく。 「いいぞ麗子、ううう、たまらん」 「ウフーン、ウフン」

4bc4c0c5fc30ee16d0b078d572c093e2

いきなり指で、股間を突くと、悶え泣きながら狂ったように肉棒を深々と呑みこむ。  (どうしよう。ああ、このままだと私…本当にどうにかなってしまう…..)

4be2db75a3f4e472f3c76d30fe7802bd

こぼれでた双乳を丸ごとつかまれネチネチ揉みほぐす。 「….い、いやあ。帰して。帰らせえ。」

90a6d6237072862291c2bc7217101be3

アリマの指がストッキングに手をかけた。「いけません。こ、これ以上は………」

bbaf155641bccb4c93b12e437ee24a76

ふたたび怒張が押しこまれる。 「こら、おしゃぶりを忘れるんじゃない」 「ぐぐっ、ぐむむむっ!」

635585c5d52fa697e3f6b5c6feb53af2

大きくのけ反り絶叫する。発作がはじまった。 「ドバッっとぶちまけてやる」 (あああ、駄目え!….)

1dfad31092f6dcd900ed58797539ae00

麗子の美しい顔に向かって精液が飛び散っていく。麗子はつらそうに美しい眉をしかめた。

コメントを残す




CAPTCHA