媚薬の罠に堕ちた美人秘書第3話 稲本麗子ちゃん編~

7a006bf0427c0d26cfc3961ea4f19c17

麗子にとって色地獄は続いている。かれこれ一時間は狂いっぱなしだ。

50cc50f3d987a3a79351be7b22fab42c

今はアリマの上に乗せられて「アアン、アッアン」と甘い媚声を放っている。 「ふふふ。すごいな。何回イッたんだ」 「ああ、おっしゃらないで」

db8a4488b452631b05f1bf4ea26b9717

乗せあげた麗子に上下に揺さぶりを加えると白い喉を突きだし、弓なりにのけ反った。 「すごいぞ、ずっと締まりっぱなしだ」 「あ、ああ... ...アリマさん、いいっ...」

04ece7c60c02e7957c9feb36345d6f68

ブラウスの下の双乳がブルルンと前へ付きだされると、すかさず両手で荒々しく揉みにじる。 「イヤン!ああっ、あん」

5f4417d69bd94dc081113b11fe4a7a32

火照った粘膜をグリグリ擦られるたびに、はしたないほどのよがり声を放っている。 「あう、ウウ……い、いいっ……。ああっ、感じるう」

433c5862f8900942b7415f308e71ecd7

「いやらしくモミモミするんだよ。」 「アーン、アアーン」 麗子のすらりと細い指先を、バストに絡みつかせた。豊かな肉丘を持ちあげて揉みほぐす。

a679658be9f6c6ac85bc76d7d8cd6661

どんどん大胆になる。プルンプルンした隆起へ指を食いこませながら喉を反らす麗子。 「またイクんだろ、これで五回目か」 「ごめんなさい……ねえ……私、またァ、また、イッちゃう」

fe699353349fafdaf3b810a8514309f3

そこでいじわるく、抽送を小休止し、悶絶ぶりを眺めると、悩ましげにクイックイッと腰をくねらせるのだ。 「おっと、こりゃすげえや」 「ああ……ひどいわ。ねえ、お願い」

1aec025a93f0448c0a9c399331754eec

チラリと見るその眼差しには、ゾクゾクする女っぽさが滲む。グラマーな裸身を揺すって催促する。 「お前は俺の奴隷だぞ、いいな。」 「うふん、麗子は、あなたの奴隷よ」

f57719ab21bedad22eb2630c08c8d498

ピッチをあげて激しく貫いた。真下からグリグリと責め抜かれ、「アッ、アッ、アッ....」とすさまじいよがり声を発する。 「ああっ、感じるの。たまらないの。」

41d5eb3b6093978fb601b440252eaef5

弓なりに大きく反って豊満な双乳をブルブル揺すり、端正な媚顔をぐしゃりと歪め、淫靡な嗚咽とともに激しく絶叫する麗子。 「いや、あ、あ、ああ... ...ひ、ひいいっ」

127d68bc1f62830a988a019d6c21b13b

スーッと身体の力が抜けていき、軽く失神してしまったのである。 美人秘書の口からとうとう奴隷と言わせたのだ。 (ふっふ。麗子のやつ。すっかり堕ちたな…。)

af2d023fffc85e5de0e3f4bd1f1e629a

「さて、お次は六回目か」 「いやよっ、いや。これ以上はほんとにどうかしちゃう」 両脚を引き寄せられ、狂ったように首を振った。

56d8f81d9067636929358881257e2482

再び、熱い剛棒がギューンと奥まで貫いてくる。すぐさまリズムにあわせ、麗子のよがり声がほとばしる。 「いやん、たまらないっ。ああっ、ねぇ」

6b4fad0666c2ed15d74f4ee13f556dcb

アリマのピッチがあがった。競馬の騎手のように激しく体が前後する。 「あああ、麗子っ。いいぞ。」 「好きよ、好き。ねぇ、もっとオ」

93c86fe442b19d54bc62d5936ad7ba74

麗子は鼻を鳴らし、腰をうねらせ、これまで以上の勢いで絶頂へ達していく。 「あああ、麗子っ。いいぞ、ぶっかけるぞ!」 「イ、イッちゃう。もう駄目ぇ」

77a6306396e94fd60f968ed0ca3fd970

快楽の色音が響く中、陶酔している顔面へ、とびきり濃い精液が飛び散っていく。 「うう。ああ。んん....」

431a11abb22d0198c6e504d72a41bb45

【エピローグ】 乱れた呼吸の麗子の顔を、アリマは意地悪くのぞきこんだ。 「さて、お次は七回目か」 「ゆ、許して。今日はもう。この次はきっとお相手しますから」 黒髪を振り乱し、涙まじりに哀訴するのであった。

28

コメントを残す




CAPTCHA