家政婦は見た! ダンナ様の悪癖 リンちゃん編

1_IMG_1424

家政婦のリンちゃんは、行きつけのご夫婦のお部屋へ掃除にきていた・・・

2_IMG_1427

カーテンのしわも伸ばさないとね♪ 真面目なリンちゃんはお仕事に夢中・・・・

3_IMG_1429

すると、お仕事に夢中でスカートがめくれてパンティが丸見えになっちゃう・・・ それに気づかないままお掃除をしていると・・・ガチャ・・・ご夫婦のダンナ様が帰ってきてリンちゃんに近づく。

4_IMG_1440

「なんて恰好してるんだ君は!」ご、ごめんなさい!・・・ 普段から律儀なダンナ様を刺激してしまい、ベッドに押し倒され咎められるリンちゃん。

5_IMG_1447

すると・・・んんっ・・んちゅ・・・ 不意に唇を奪われるリンちゃん・・・・ 「君にはたっぷりお詫びしてもらうよ?」

6_IMG_1446

ダンナ様に服の上から弄ばれてしまい、思わず濡れてしまうパンティ・・・

7_IMG_1433

あぁ・・・ダンナ様・・・見ないで・・・ イタズラに下から覗き込むダンナ様・・・・

8_IMG_1437

服の上からおっぱいを揉みしだく手・・・ あぁん・・・だめ・・・ゆるして・・・逃れようと必死にもがいても両手にはめられた手錠が行く手を阻む・・・

9_CIMG8140

「こんなところまでシミつけちゃうなんて・・・もっと僕に何かして欲しいようだね?今日は家内がたまたま帰ってこない日だから遠慮なく楽しませてもらうよ。

10_CIMG8143

んんっ!・・・ブチュ・・・ ダンナ様の大きくて立派な欲棒がリンちゃんのお口をかき乱してゆく・・・ その欲棒はリンちゃんのお口の中で、さらにさらに大きく反り返ってゆく・・・

11_CIMG8123

「もう我慢できない!」その熱く濡れた欲棒はリンちゃんの濡れた恥部の中へ入ってゆき敏感なGスポットを何度も何度も刺激してゆく・・・ ああああぁぁん!!だめええぇぇ!!ダンナさまぁぁぁ!!!いっちゃううぅぅぅ!!!・・・・・やがて、仕事を忘れ悦びに堕ちてゆく家政婦の卑猥な嬌声が部屋の外へ、何度も何度も響き渡っていった・・・おわり

8

コメントを残す




CAPTCHA